うたかた

人は人 自分は自分

171024(火) ギンパツ!

  

前回に引き続いて見てきました。楽しいライブだった!本当これからが楽しみな3組の、ネタと企画をじっくり見れるのはありがたい。
  
今回はゲストがいるのもあるけど、前回よりお客さんが多かったらしい。それぞれ賞レースとかで結果を出してきているし、着実に3組の注目度は上がってるのかなー





相変わらず曖昧なレポ、無駄に気合いをいれてしまった






OP 前回と同じ並び(下手から霜降り明星四千頭身、卯月)。都築さんは相変わらずあのポーズやってた


最前列と舞台がフラットで、馬鹿みたいに近い。調子に乗って前の席に座ってしまったので本当近かった……。客席が高くなっていて舞台を見下ろす感じになるという、珍しいタイプの会場(私が知らないだけかもしれない)。みんなこういうタイプの会場は初めてだと言っていたような。せいやさんかな、博物館の展示みたいと言っていたw



前回はKOCの予選と被っていて、ネタの調整とか(?)色々大変だったらしい卯月。結局準決勝までいった。噂によるとだいぶ決勝おしかったのでは、と(木場さんがとある人から情報を聞いたみたい)


そこからM-1の話。
卯月は?と聞かれて「それはいいじゃないですか」みたいに濁す林田さん。結果は一回戦落ち。やってるときは気付いてなかったけど、コント漫才やってて普段の癖が抜けないのかマイクから離れてやってた3人。木場さんは近い距離でやりたくない(話したくない)と言ってた。


この日、四千頭身が準々決勝進出! *1


そこから都築さんのあのポーズやってるのか、みたいな話になったのかな。
林田さんの「さっき聞いたけど、5回たたいてるんでしょ」って話から、みんなに2回しか叩いてないと言われる中、5回たたいてると主張する都築さん。実際に2回だけ叩いたverとかやってた。半信半疑なせいやさんもチャレンジしてたけど、あんまりうまくいってなかった。都築さんが初心者は右手からやった方がいい(?)みたいなプロの目線からのアドバイスをしてた。
そこから人の胸でもできるのか、と。林田さんに、酒井くんは胸板厚いから~と言われながら駆り出される酒井さん。
酒井さんの後ろに都築さんが立つ形に。しゃがみはしなかったけど「どうもー四千頭身です」と言っていた酒井さん。テンション低めな喋り方、酒井さんっぽい感じの。叩く位置が肩のあたりだったらしく痛がっていた酒井さん。でも5回というのは分かっていた気がする。

やってほしいと名乗り出るせいやさん。やり方がいまいち分かってないのか変なタイミングで立ったり手を上げたり(酒井さんのときの反省から手をあげたほうがいい、いや下げたままでいい、とか周りが色々言ってたのもあるかもだけど、飲み込みが遅かったw)「どうもー霜降り明星です」と言っていた
終わってすぐ「5回や!」と叫ぶせいやさんが「分かるのかよ」みたいに総ツッコミを受けていたような……


タイトルコールは前回何やったっけ、みたいにみんなが思い出そうとしてるなか、ひっそり都築さんが手を挙げる。結局前回と同じく、ギンパツスタート!の後にみんなでこぶしを突き上げる形にw



前回といい、OPは都築さんの話題が多め。

話の流れでみんな笑ってるタイミングがあるけど、石橋さんと林田さんが向き合って笑いあってるような場面が何回かあって(実際のところはどうなのかわからないけど)、良かったです…… 




今回は四千頭身→卯月→霜降り明星の順でネタを2本ずつ。そのあとに企画という構成。


出囃子は、四千が事務所ライブのやつ(調べたらTOTAL FATのPARTY PARTYという曲なのかな)、卯月はチャラン・ポ・ランタンのあの子のジンタ、霜降りはザ・ビートルズのHelp。
(卯月さんの影響で出囃子もちょっと気になってしまう。自分たちで出囃子を決めれるときはこの曲にしてるらしいので、ね。
この前のニノさんであの子のジンタが流れてて卯月を思いおこしてしまったな……)



四千頭身
『大陸』単独で面白いと思ったネタのひとつ。都築さんのバカな感じがハマってて面白いんだよなー
『悩み事』見るのは3回目だったけど、都築さんの悩みに変わってた!四千頭身はどんどんネタを変えてく印象がある。キャラ的には今回の感じがあってるのかな、なんて。


卯月
『2人のおじさん』酒井さんのおじさん役良いし、ひとことだけでも面白い。
かぐや姫』このネタは何回も見てるけど、相変わらず好きだった。林田さんのツッコミが決まってて良いな、と毎回思ってる。一言も喋らないけど木場さんのちょっとした動きや表情も好き


霜降り明星
『宇宙人』ボケの数が多くてテンポ良く進んでいって面白かった。とにかくキレキレだった
『ボクシング』 こっちもボケ数が多い。途中流れをつくってて、どんどん楽しみになっていく感じがあった

初見ってのも多少はあるかもしれないけど、そんなの関係なく、霜降りさんが本当面白くて笑ったなー。2本ともめちゃくちゃ仕上がってた。これ以外にも良いネタありそうだし、今年のM-1の決勝行くんじゃないか……(次の日の3回戦で『宇宙人』をやって、かなりウケていたらしい。そりゃ面白かったもんな)



ばーっと6本のネタを見たけど、どれも面白かった〜!このループは幸せだったな。



OPで都築さんのドコドコドを散々やったので変な空気になった、みたいな話に。
都築さんは普通に手ごたえがあったみたいなことは言ってたかな。
後藤さんは、別に都築さんのあれが変だとは思ってない、と。

そこから石橋さんは何かあるのかと聞かれ、3人で登場をやることに。石橋さんは特技の立ったまま自分の頭を蹴るやつをやってた。



企画
初めて会う後輩多いし、歳が芸歴が離れているので緊張している、人見知りが出ていると言っていた又吉さん。


座り位置は、下手から林田酒井木場せいや粗品 又吉都築後藤石橋


それぞれのテーマで順位(7→1から8位)の発表。回答が出てある程度又吉さん中心に感想をある程度言ったところで挙手という流れ。


何となくの流れで誰がネタを書いてるのかと。
霜降りは2人で書いてる。木場さんがせいやさん大喜利とかこういった企画苦手そうみたいな感じで言ったのかな、「ボケは俺や!」と主張してたせいやさん

卯月は最近はここ2人(木場と林田)で書いてると。(ちょっと前まで3人で書いてると言っていたのに!まぁそのときも酒井さんはすぐ煙草吸いに行ってしまう、とは言ってたけど)
じゃあ酒井は何をしてるのか、ってのに「センス担当です」と酒井さん。この発言に「お前言ったな」「しっかり覚えておくぞ」「これで俺たちより低かったら……」みたいな感じで酒井さんを軽く叩きつつ詰め寄る2人。

四千は完全に後藤さんが書いてると。



大喜利】又吉さん曰く、どれもレベルが高くて順位を決めるのに迷ったと。8位をどれにしようかと迷いながら見ていったけど、明らかにひとつは決まったらしい。

中国版のサザエさん、日本とはどこが違う?みたいな。なんのひねりもないシンプルなテーマで難しかったと言っていたかな


ざっくり内容書いたけど、ちゃんとしたのは文字に起こせなかった


粗品 一人っ子政策煽りを受けたサザエが、カツオとワカメの分まで生きぬく、みたいな。粗品せいやが残ってる状況でこの回答が出たときに、まだどっちが書いたか分からない状態で粗品さんは一人っ子政策のことを色々言ってたけど(2015年に廃止されたとか)、ふわふわした感じのせいやさん


2林田 内容がよく入ってこない感じの堅いの文章としか言えない。何言ってるんだろう、って面白さ。だいぶ攻めたと林田さん。
都築さんが最初のワード以降の文章が分からないと言ってたwトンツカの森本さんじゃないけど、『』も使われてて、せいやさんがサミットみたい、と言ってて笑った。あと、「~、基本、~」って文章で、基本のために句読点と使うな、みたいな粗品さんのツッコミ


3酒井 中島がやたらと尖閣諸島に行こうとカツオを誘う、みたいな。林田さんが「ちゃんとしたのも書けるんだね」的なことをひっそり言っていたような。船と絡めてやりたかったけど、上手くいかなかったと酒井さんは言ってたかな
都築「サザエさんと言ったら中島を出したくなりますよね」


4後藤 団地住み。めちゃくちゃシンプルだけど、面白かった。


5都築 中島がサウスポー。又吉さんが深読みしてたけど、すぐに違うと否定する素直な都築さん。


6木場 カツオが旧正月を祝い過ぎて、波平に怒られる、みたいな。木場さんのなかで中国と言ったら旧正月か爆竹。
最初に酒井さんの方が低かったら〜という話があったので、木場さんが先に出てにやにやしていた酒井さん


7石橋 マスオがタラオ、アナゴがイクラ。声に出したくなるようなフレーズと言われたかな。又吉さんの深読みに何となく頷く石橋さん。


せいや タマを食べようとする回がある。エグイ、これは酷いとドン引きされてた。答えるときベロベロに酔っていたと嘘の言い訳をするせいやさん。すぐに粗品さんにツッコまれる。




【写真『違和感』】
1後藤 シンクみたいなところに置いてある魚。この写真が怖くて順位がつけられず放置していたけど、よくよく見たらこれが1位だと思った、だけど気味悪い感じで怖いみたいなことを言っていた又吉さん。
1位の自信は無かった後藤さん。1位か8位のどちらかだと思ってたけど、2位の段階で又吉さんにはハマらないと思ったらしい(1位の写真が出る前、めちゃくちゃ頭を抱えてた後藤さん)。又吉さんはセンスを分かってくれた、と言ってたかな。毎年夏は岩手のおばあちゃん家に行っているけど、今年は行けなかったので、岩手に行った母親から送られてきた写真。これだけ送られてきて、怖くて無視した、何の魚かも分からないと。


2林田 ネコとカエルの写真。家の近くコンビニに行こうとしたらたまたまカエルがいたと思ったら、奥にネコがいるのも見つけたと。帰りに見たらネコはまだいたけど、カエルだけがいなかったらしい


3酒井 金髪で鼻にチェーンをつけた酒井さん、バックは土俵。(後から確認したら、酒井さんのインスタに載っていた写真だった)今日1笑ったかもしれない。私は本当酒井さんがツボなんだよな。
発表順ではこの前に出てたせいやさんが作為的な違和感だと言われていたけど、これは作為のかたまり。匿名だと言ってるのに、がっつり顔をだしてしまうあたり酒井さんらしい感じはある。
ただでさえ面白いのに、周りの人たちがTシャツの力士に気づいたり、誰かがウォレットチェーンみたいに鼻がどこかいかないようにしてる的なことを言うのでいちいち笑ってた
この写真は母親に撮ってもらったと酒井さん。林田「実家で何やってんだよ!」


4木場 とある人のツイートのスクショ。人力舎で検索したときにたまたま見つけたと。03がアルファルファ+角田であるかを知ってるか~みたいなツイート。まさかのスクショという変化球にびっくり


せいや 将棋の玉の駒が「大阪王将」になってるみたいな。粗品さんがここぞとばかりに写真の撮り方や、映り込んでしまったテーブルが大理石であることをツッコんでて流石だった。木場さんも何か言っていて、又吉さんが何か褒めてくれそうだったのに両隣り(粗品、木場)がごちゃごちゃ言ってくるから邪魔されたと、「もううるさい!」みたいな感じで立ち上がって2人をはねのけようとするせいやさん


6都築 阿佐ヶ谷で見つけた不思議なドア。外に、ドラム缶の上にテレビがあったり、ゲームキューブが置いてあったと。そこが中だったんじゃない、とぼそっと後藤さん。


7石橋 インカメラで撮って左右反転になった手。背景がカーテンと、並んでいる本。バシくん家に行ったことがあるのですぐに分かった後藤さん


粗品 ファミレスの伝票いれるやつにストローが刺さってる。出た瞬間、違和感をつくりすぎてる、サイゼリヤじゃんとか色々言われてた。何にしようかとサイゼリヤで考えたときに思いついたと、1人で撮ってたらしい。




ツイッター『怒り』】

1せいや おじさんにつばを吐かれた、「またお前か」と言われたけど1回目どこで吐かれてたんや、みたいな
お客さんに表情が分からないように後ろを向いていたせいやさんと酒井さん。しかしそんなの関係なく、めちゃくちゃ嬉しそうで分かりやすいせいやさん。せいやさんって感情がかなり表に出やすいのか、表情がころころ変わって楽しい。喜んだときに飛び上がったりして感情を爆発させる感じが可愛いですね……
先ほど両隣りに邪魔されたけど、今度はじっくりと又吉さんの感想を聞いていて、又吉さんの言葉にめちゃくちゃ頷いていた


2林田 今日は不思議な1日だった色んな不思議があったが最寄り駅の駐輪場にとめていた僕の自転車がべこべこに壊されてたのが1番の不思議だったどうにか直そうと粘ったが手が黒くなるばかりでダメだった悔しくて空を見上げたら雨が降ってきて僕は数年ぶりに『あぁもう!』と言った *2

最初の段階で怒るタイミングはいくらでもあるのにそこでは不思議だと思ってる。怒らないのかと思ったら「あぁもう!」と言ってるのが面白い、みたいなことを又吉さん言ってたような
実際の感じで言ってみる林田さん。「あぁもう……」と思ったよりぼそっと呟く感じだったので、「びっくりマークじゃない」みたいに指摘する木場さん

ここだったか曖昧なんだけど、誰のかは分からない状態で出た瞬間に、木場さんが「これお前のだろ、絶対お前だわ」みたいなことを林田さんに言ってて何か良かったですね……


3粗品 学生の頃に告白した女の子が、もう一人からも告白されていた。「午後の綱引きで勝った方と付き合うわ」団体戦やぞ!、みたいな
団体戦やぞ!ってフレーズが漫才での粗品さんのツッコミっぽい感じだったからか、みんな(特に木場さん)が粗品さんっぽく言ってて楽しい。
途中の「付き合うわ」ってところも別にツッコミじゃないのに粗品さんっぽく言ってて遊んでた


4都築 950円と1050円のおつりの枚数は一緒、みたいなことをめちゃくちゃ細かく言っている文章。又吉さんはどうでもいいことをここまで細かく書く方がどうかしてる的なことは言っていた
みんなが楽しむ場所でバイトしている都築さん


5木場 知らん芸人同士で遊んだ報告がいらない、みたいな
他が140字という文字制限の中で結構ぎりぎりの長い文章を考えてた中で、めちゃくちゃ短かった。そして、たぶん8人の中で1番マジな怒りっぽかった。普通に文句言ってたり(そんなのを報告してる暇があるならネタを書け、と思ってしまうと *3 )、どストレートだったなw実名で後輩コンビをディスってたし……w


6石橋 燃えるごみの赤い文字と燃えないごみの青い文字、実際の火の熱さは違うのに〜みたいな文章。最後が、”教育によくない”で終わってたのはあれだけど、途中までの文章はとても良い、文章を書くのが上手いと又吉さんに褒められてた石橋さん。普通に嬉しそうだったな


7後藤 晴れ男か雨男かどっちなんだ、みたいな文章。途中まで良かったのに、最後の文章で何を言いたいのか分からなかったと又吉さん。
後藤さんは普段から怒ることがないので書けなかった。書き始めたものの、これ怒ってないなと思って最後に付け足したと。それを見透かされてマイナス
ぼそっと石橋さんが、俺の7位が、、みたいなこと言ってて良かったw


8酒井 エロい年上のお姉さんとの話。妙な生々しさがあって……ね。そこの下りは全く怒りとは関係なく、最後で「あ、そうそうテーマは怒りでしたね。それはないです〜」みたいな話し口調の文章で無理矢理ねじ込む。そりゃ最下位だ。
酒井さんは又吉さんに最初の文章を読んで欲しかっただけだったと。又吉さんはそこの文章は結構好きで、小説に冒頭に出てきそうと言ってたかな。又吉さんが色々設定付け加えたりして、すごくまとまった感じにしていてすごかった。
酒井さんの最下位が確定して、励ますように酒井さんの肩を何回も叩いていた林田さん。





総合の順位とポイント。メモってたけど何か合わない……。それぞれお題での順位は合ってると思います……
1林田 24pt
2粗品 14
3後藤 13
4せいや 11
4都築 11
6酒井 10
7木場 9
8石橋 1
都築さんは9ptなのでは……とおもってるけど、実際のところは分からないなー


圧倒的1位の林田さんと、とりたてて何が悪かったって訳じゃないけど断トツ最下位の石橋さん……

せいやさんが「俺が最下位と1位取ってしまったせいで点数をみんなに分けてあげられなかった」みたいに気を使ってたのが良かったな、と



余った時間で又吉さんへの質問コーナー。
最初卯月に振られるもなかなか出なかったためか、カットインする都築さん。
最近食べたおいしいものは何ですか?と。又吉さんは丁寧に答えていて、土瓶蒸し。都築さんはステーキが好きだと、ステーキはどうですかと聞くあたりが…
その後酒井さんがおすすめのデートスポットは?と。小金井公園江戸東京たてもの園と言っていたかな。林田さんだと思うけど、「又吉さんが行くから良いんであって、酒井くんが行ったら家探してる感じになっちゃう」みたいにさらっと酷いこと言ってて笑ってしまった

ちょっとふざけた質問があったところで、ちゃんとしたのをせいやさんから。コンビとピンで活動していくバランスをどうしてるのかみたいな質問
その後は、これからの目標だったり、世界一面白いと思う芸人は誰なのかといった真面目な質問が続いていて、又吉さんは全てに丁寧に答えてました


企画で、又吉さんがそれぞれの回答の細かいところまで丁寧に見ていて、たくさん褒めてくださったのが印象的だった
あと、楽しみ過ぎてあまり寝れなかった。みんなの回答を見て(?)このライブを見てほしいとツイートしたとも言っていて改めて素敵な人だなぁ、と。



前回は企画がちょっと間延びした感じはあったので、今回は充実してて良かったな。まぁ贅沢を言えば、もうちょっと3組が出てくると良いなとも思ったり。まぁ又吉さんも好きなので良いんですけどね。


次回のギンパツ!は冬頃をもくろんでいるとのこと。
メンバーはこの3組で固定なんですかね。私はこのメンバー大好きなので、この3組でこれからもやっていって欲しいな……。次回もこのメンバーならまた行きたい。







正直前回は、四千頭身と卯月目当てに行ったところはあるけど、今更ながら霜降り明星の素晴らしさを実感して好きになってしまった。今回の霜降り明星は、ネタも、企画での2人の立ち振る舞いもすごく良かったな。
そして相変わらず四千頭身と卯月は好きだなぁと思いました。我ながら何でこんなにハマってるんだろうな…… *4





*1:準々決勝くらいまでは行ってほしいと思ってたけど、実際に行くとは。めちゃくちゃ嬉しい。3回戦見に行ったけど普通にウケていたし、このままの勢いがどこまで続くか……

*2:林田さんの【写真】と【ツイッター】はTwitterから。比較的最近のやつだったので、出た瞬間林田さんのだなぁ、と分かってしまったあたりだいぶあれ。林田さんのTwitterはたまにポエムっぽいことを呟いていて楽しい、そしてたまにふざけてる

*3:メンバーの中で唯一Twitterをやっていない木場さん……

*4:卯月と四千頭身が同期ってのが垣間見えるのが好きだったりする。当たり前と言っちゃ当たり前なのかもしれないけど、霜降り明星にだけ”さん”を付けるとか、ね